T O P | M C I とは | 施設紹介 | 会社概要 | オーナーシップ_

軽度認知症とは 1 2
軽 度 認 知 障 害 ( M C I ) と は
3
  認 知 症 の 前 段 階 ! ?
 

20
認知症は多くの場合、急に発症するものではなく、少しずつ進行していきます。その為、年齢相応の物忘れとは言えない記憶障害が起きるものの、認知症とも判断できない状態があります。この状態を軽度認知障害(MCI)といい、おおよそ400万人の高齢者が発症していると推定されています(厚生労働省調査より)。すべての人が認知症になるわけではありませんが、放置しておけば認知機能が低下し、認知症に移行するリスクが増加されます。現在年間で10〜15%の人が認知症に移行するとされており、軽度認知障害(MCI)は認知症の前段階と位置付けられています。(厚生労働省 e-ヘルスネットより)。

20
i-cure あいきゅあ  【MCIとは】  認知症の前段階?!
 

  科学的根拠のある認知機能の低下予防を
 
20
65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症、もしくはその予備軍である軽度認知障害(MCI)といわれています。まずは専門医を受診して、適切な治療や生活上のアドバイスを受けましょう。軽度認知障害の段階から適切な取り組みを始めれば、認知機能の維持・向上をはかれる可能性は十分にあるので、できるだけ早期に発見することがカギとなるのです。認知機能の低下を予防するためには、科学的に効果が立証されているプログラムを実践することが大切です。認知機能の低下を早期に発見し、その予防を適切に行っていきましょう。
20
i-cure あいきゅあ  【MCIとは】  科学的根拠のある認知機能の低下予防を
 
 
あいきゅあ
(C)2016 株式会社いた倉_____.